PROFILE
MAIL
CATEGORY
NEW ENTRY
ARCHIVES
08/10 Sat 2019
bear cosmecase & poodle cosmecase

今までの作品の紹介です。

こちらのベアとプードルのコスメケースは

現在も制作を続けている、ぬいぐるみcosmecaseを初めて考えて作った頃の作品です。

今まで動物の種類を増やし、コスメケースを制作してきましたが、

最初はベアとプードルを作りました。

 

bear cosmecase & poodle cosmecase  (2004年頃制作したぬいぐるみポーチ)

   

ドイツに住んでいた時にひらめいた作品で、ポーチを置いた時に

ぬいぐるみが座っている様な形にしたいと思い、急いで形にしたのを覚えています。

どちらもドイツで購入したヴィンテージ生地、DDRの生地(旧東ドイツの生地)

を取り入れて作りました。

  

ベアとプードルでは体部分の形が違います。

ベアは顔部分が目立つように、体部分はシンプルな形にしました。

     

プードルといえば、50年代、60年代など、レトロでお洒落なイメージがあるので

体部分の形は、アンティークの香水瓶の様な形にして完成させました。

     

チェーンを付けるとミニバッグにもなります。

ぬいぐるみcosmecaseは、他の何種類かの動物も展開しています。

     

また作品紹介をしますので、良ければ見に来て下さい。

宜しくお願い致します。


| sweetcreamの今までの作品紹介 | 20:29 |
07/04 Thu 2019
Little Poodle ぬいぐるみ

ベルリンに住んでいた当時、使っていたミシンとぬいぐるみを

写真に撮ったものです。懐かしく気に入っている写真です。

ミシンは自分で色を塗って使っていました。

 

     

 

今まで制作したぬいぐるみの紹介です。

小さいプードルのぬいぐるみです。

手足に関節部品入りなので座らせたりポーズをつける事が出来ます。

ベルリンの生地屋さんで、カラフルなファー生地を見つけたので

色々なカラーで作りました。手作りのケース入りです。

 

Little Poodle Box set (2004年頃制作)

       

 

 

手や足、お腹部分は花柄の生地、

目は青色や茶色のドイツ製のグラスアイを使用しています。

   

 

   

 

   

新作作りも進めて行きますので、

またブログを見に来て下さい。

宜しくお願い致します。


| sweetcreamの今までの作品紹介 | 16:12 |
06/25 Tue 2019
パンダ親子ぬいぐるみ&ピアノネコぬいぐるみ

sweet creamの今までの作品の紹介をします。

パンダの親子のぬいぐるみです。

 

Panda Oyako  (2003年頃に制作)

(黒色ファー生地、白色ファー生地使用)

   

目と鼻、パンダの被っている帽子は手作りです。

親パンダと子パンダはチェーンでつながっていて、セットになっています。

 

               

親子でボール遊びをしているぬいぐるみです。

この頃はよく、飾って楽しめる、置物風のぬいぐるみを作っていました。

    

 

    

 

こちらはピアノネコぬいぐるみです。

おもちゃのピアノを弾いている風な、猫とピアノのぬいぐるみのセットです。

 

Piano Neko  (2003年頃に制作)

(茶色のまだら模様のファー生地使用)

   

目はカラフルなつけまつ毛でアレンジしています。鼻は手作りです。

    

ピアノのぬいぐるみはフェルトで出来ています。

中にポプリが入っていて、良い香りがする仕組みです。

            

 

    

過去に作っていたぬいぐるみを紹介していたHPが今は無くなってしまったので

この様にたまに紹介していきたいと思います。

よろしければ見に来て下さい。

 


| sweetcreamの今までの作品紹介 | 20:20 |
04/12 Fri 2019
sweet creamのぬいぐるみについて

過去にさかのぼって、sweet creamが今まで作ってきた作品の紹介のページを

作っていこうと思います。

 

       

 

私が本格的にぬいぐるみやぬいぐるみ雑貨に絞り、制作を開始したのは1999年位からです。

その前には洋服も作っていた時期がありました。

 

元々、古いぬいぐるみやアンティークな物が好きなので、

ノスタルジックなテイストのぬいぐるみを作りたく、

今まで20年間、ぬいぐるみやぬいぐるみポーチやバッグなどを一から作ってきました。

 

こちらの写真は2003年位までに作ってきた作品です。

他にも種類がありますが、手元に残っていない物もあります。

 

   Neko nuigurumi (2003年頃の作品)

    

 

      

 

  Poodle nuigurumi (2003年頃の作品)

  こちらはうすいクリーム色×白 ファー生地を染めて制作

              

   Poodle nuigurumi (2003年頃の作品)

   こちらはうすいピンク色×白  ファー生地を染めて制作

              

 

 

 

 

  Mokuba nuigurumi (2003年頃に制作)

  うすいクリーム色  ファー生地を染めて制作、目は手作りです。

        

 

この時期、他の種類も作っていましたが、またの機会に紹介いたします。

 

 

今から15年前の2004年から3年ほど、主人がドイツのベルリンに住んでいたので

私も一緒に住んでいました。

素敵な街並みや可愛い雑貨を見る事が出来き、貴重な経験になりました。

中でも、蚤の市や古道具屋さんで出会った、数々のビンテージ生地の素敵さに

魅了され、どうしても作品に取り入れたいと思って、住んでいる時に

試行錯誤し完成させたのが、ぬいぐるみのコスメケースやペンケース、テディベアや

小さいプードルです。

後に他の種類の使えるぬいぐるみシリーズにも特に力を入れていき、

少しずつ種類を増やしていきました。

 

  Cosme Case (写真は羊とベア)(2004年頃から制作)

   

 

   

   Bear Pencase  (2004年頃から制作)

     

 

Little Poodle  (2004年頃から制作)

 

 

   Big Teddy Bear  (2004年頃から制作)

   お腹の中にグロウラーという、逆さにして戻すと

   メ〜と鳴く音がする部品を入れたテディベアも、よく制作していました。

 

      

     

   

 Antique Teddy Bear  ドイツの古道具屋さんで見つけた

アンティークのファー生地を使用しています。(2004年以降に制作)  

   

 

Kotori Gamaguti Bag  (2004年以降に制作)

   

      

ドイツやヨーロッパ、海外のvintage生地を所々に取り入れた

コスメケースやバッグなどの一緒に持ち歩ける、実用的な

ぬいぐるみのシリーズは、ベルリンに住んでいる時にあみだした

今でも大切にしている、sweet creamの作風の一つです。

 

これからもじっくりと自分の作品と向き合い、

種類を増やしていきたいです。

 

制作の合間に、また過去の作品の紹介をいたします。

よろしければ見に来て下さい。

宜しくお願い致します。

 


| sweetcreamの今までの作品紹介 | 12:05 |
| 1/1PAGES |